こだわり

お店のこだわり

石臼を用いる昔ながらの製粉方法

石臼を用いる昔ながらの製粉方法
笠のそばは、笠産そばを100%使用し、一番粉と二番粉を共に入れた挽きぐるみの 風味豊かなそばです。
そば粉は、ソバのみ(玄そば)の殻をとって、中の実を挽いたものを使用しています。 実を割って製粉することで、なめらかな舌触りに仕上がります。

石臼を用いる昔ながらの製粉方法

朝夕の寒暖の差が
風味あるそばを生み出す荒神の里
笠地区は標高が400~500m有り、そばづくりに最適な気候・風土に恵まれています。
その環境こそが、良質なソバの実を育てることを可能にしています。
ほどよい風味があり、歯切れが良く、つるつると口当たりのよい『おいしいそば』をご提供できる要因の一つとし豊かな自然があげられます。

そばうち体験実施中!!

©kasasoba Co.,Ltd All Rights Reserved.